FASHIONを通して、毎日をハッピーに。 世界の人々にそんな毎日を届けたい。 そんな仲間の集まる会社の社長記録です。

時代は脱“インスタ映え”、ファッション業界はSNSでも“オワコン”か?

インスタグラムの最新動向を発表する

「インスタグラム・デイ」が3日に開催された。インスタグラムの業績はここ2年特に好調で、グローバルでの月間アクティブユーザーは今や8億、毎日5億人が利用するアプリへと成長した。日本国内の月間アクティブユーザーも15年6月の810万人から17年10月時点で2000万人まで増加しており、2000人を対象に調査をした結果では女性が利用者の6割を占めるという。

f:id:antwarpboss:20180210022530j:image

 ケビン・ウェイル(Kevin Weil)=インスタグラム最高製品責任者(CPO)はイベント冒頭で、「iPhoneの登場によって、言葉から画像へ、電話から動画シェアへとコミュニケーション方法は大きく変わった。インスタグラムでは過去1年間で2兆以上の画像がシェアされたが、これは数百年間で撮影された写真よりも多い。これら膨大な画像を用いて生まれるコミュニティーこそがインスタグラム成功の鍵だ」とコメント。画像・動画がもはや世界共通の新たな言語になりつつあることを示唆した。

 f:id:antwarpboss:20180210023235j:imagef:id:antwarpboss:20180210023254j:image

 ここ数年間で、インスタグラムの利用ハードルは劇的に下がった。特に、インスタストーリーズ(以下、ストーリーズ)の登場は大きい。ウェイルCPOいわく、「2.5億人が毎日ストーリーズを使っている。ストーリーズはシェアの簡便さがポイント。24時間で消えるし、『いいね』もコメントも見えないので、投稿へのプレッシャーがない。タイムラインへの投稿がハイライトを捉えるものならば、ストーリーズはその合間を捉えるものだ」という。

 f:id:antwarpboss:20180210023315p:image

長谷川晋フェイスブック ジャパン代表も国内での市場調査をもとに、「利用後の気持ちを聞くと、『センスを見せることができる』『ハイクオリティーなコンテンツがある』といった当初の声は落ち着き、

『趣味が近い人とつながれる』という意見が増えてきた。これまで作り込まれた画像がないと投稿できないという人が多かったが、日常風景を気軽に投稿できる時代になったのではないか」と強調した。

 f:id:antwarpboss:20180210023351j:image

 こうした流れにともなって、“ユーザーがよく見るコンテンツ”にも大きな変化が出てきたという。以下の調査結果を見る限り、日常にありふれたペットや料理、ショッピングなどのコンテンツ閲覧率が飛躍的に伸びている。一方、母数がわからないため単純に比較をすることはできないが、増減率だけを見ると、写真やファッション、アート・デザインなどの“インスタ映え”するハイセンスなコンテンツの増加率が下がっている。

よく見るコンテンツ順位
(15年と回答数と比較した増減)

有名人の投稿(+6%)
友人の投稿(+7%)
ファッション(+6%)
写真(-13%)
料理(+53%)
旅行(+70%)
動物・ペット(+67%)
音楽(+27%)
ショッピング(+33%)
雑貨(+20%)
食品・お菓子・飲料(+33%)
スポーツ(+67%)
アート・デザイン(-9%)
インテリア(+25%)
映画・エンタメ(+25%)

 作り込まれた世界観に対するニーズが減少し、リアルな投稿に人気が集まるようになった。これはファッション業界にとって悲報だろうか。“インスタ映え”の代表格だったファッションは、SNS上でも低迷してしまうのか。決して、そんなことはないはずだ。インスタグラムの利用者調査では、60%のユーザーが企業の投稿で商品を知り、75%のユーザーがインスタグラムがきっかけで購買などの行動を起こしたことがあるという。インスタグラムをうまく活用すれば、直接購買につなげることができる以上、ファッション業界にもSNS活用の可能性はあるはずだ。とはいえ、ファッションだけを全面的に訴求するだけでは、SNS上でのインパクトが弱いことは事実。料理や旅行などのライフスタイルをからめたキャンペーンなど、既成概念にとらわれない仕掛け作りを考えることが必要かもしれない。

 

SNSトレンド
WWDJapanより

求人募集


新年あけましておめでとうございます。

本年もアントワープ全店舗、全スタッフ、皆さまのライフスタイル寄り添い活躍できるお店作りに努めて参ります。

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

本年の求人募集になります。


f:id:antwarpboss:20160915175241j:plain

今回募集させていただくのは①スーベニール垂水本店、②ミュージアム垂水店、③アントワープ須磨板宿店で、募集人数は3名となります。

募集要項ですが、

弊社店舗②での勤務して頂く正社員。(A)

弊社各店舗①~③の勤務スタッフとなります。(B)

業務内容について、簡単にご説明させていただきます。

弊社は、1999年4月より神戸市垂水区陸の町(現スーベニール垂水本店)でヤングカジュアルを中心としたセレクトショップでスタートしました。

その後2001年4月に西宮店オープン、2006年にミュージアム店、昨年2017年に須磨板宿店をオープンしました。

■現在店舗4店舗
■独自ネットショップ1店舗
■オリジナル商品の開発
■新興媒体のFacebookInstagramYouTubeなどの活用

での、展開を致しております。

また2018年は新業態、オリジナルブランドの開発にも注力します。

まずは、②店舗(A)と書かせて頂いた、正社員です。

コチラの店舗は私が管理を努めますantwarp museum 垂水店での正社員採用となります。

現在店舗スタッフは4人で、私をトップとして動くのがantwarp museum 垂水店です。

こちらのスタッフは、先に説明させていただいた全事業に関わると認識ください。

店頭販売、WEB周りも全て関わることになります。

入荷した商品の記帳やレイアウト、シーズンテーマに沿った企画など大量の細かい作業がありますので、丁寧さとスピード感のバランス、創造力、そして根気が問われます。

また、FacebookInstagramYouTubeなどの新興媒体をフル活用しますので、柔軟な思考と発想を持っている方が望ましいです。

はっきり言って仕事はハードです。

生活の第一優先に仕事を持って来られない方には、厳しいと思います。

ただし、今まで生きてきた中で、最高に成長できる環境であることは私が保証します。

実際に、現在の正社員は信じられないくらいの成長を遂げました。

また、正社員を中心とした全員が別人のように能力が伸びています。

今の自分に疑問を感じているならば、私達と四六時中時間をともにしてビジネスをした方が間違いなく自己成長に繫がります。

私達と共に、エキサイティングかつハードな毎日を送りたい方に、ぜひ応募をしていただきたいと思います。

勤務地
神戸市垂水区神田町4-26

そして店舗①~③の勤務スタッフ(B)と書かせて頂いたスタッフです。

こちらは、①店舗の責任者を務める、松山、③店舗での責任者を務める、湯浅での採用になります。

(B)のスタッフの勤務先は、①スーベニール垂水本店、②museum垂水店、③アントワープ須磨板宿店です。

主に、店頭での接客・販売をして頂くことになります。

ただし、Instagramでの発信やブログでの発信やネットショップの業務もありますので、インターネットビジネス経験者が好ましいです。

③の須磨板宿店は昨年に新規出店した路面店舗になります。

お洋服好きな新規のお客様対応が多くなります。

 

以下…
求める人物像としては、

明るく人と接するのが好きな人
お洋服・ファッションについての勉強を一生懸命できる人
新しいことにチャレンジできる人
健康で体力のある人となります。

(B)の採用形態(パート)にかんしては面接時ご相談致します。
勤務地
①神戸市垂水区陸の町2-1
②神戸市垂水区神田町4-26
③神戸市須磨区飛松町3-1-4

(A)(B) 共に、書類選考の後面接を実施して採用不採用を決定致します。
なお、定員に達次第終了と致します。

Mailでのエントリー希望者
Info@antwarp/jp

その他エントリー方法は①~③に直接履歴書をお送り頂くか、お聞きください。


素敵な仲間との出会いを心から期待しています。


株式会社 アントワープ
前田 兼市

f:id:antwarpboss:20161015221757j:plain
アントワープ西宮店
f:id:antwarpboss:20161015221837j:plain
スーベニール垂水本店
f:id:antwarpboss:20161015221928j:plain
antwarpmuseum垂水店

 

 

アントワープ須磨板宿店

ノームコアの次は「アスレジャー」?米国発の新トレンドは日本で浸透するか

f:id:antwarpboss:20170813173301j:image

「アスレジャー」というキーワードがにわかに注目を集めだしている。米国女性を中心に広がっているスタイル「アスレジャー(Athletic-運動-とLeisure-余暇-を組み合わせた造語)」。オリンピックを控え余暇にスポーツを楽しむ人が増える中、次の新市場として大手企業が続々と動き出している。

f:id:antwarpboss:20170813173315j:image

f:id:antwarpboss:20170813173319j:image

f:id:antwarpboss:20170813173334j:image

f:id:antwarpboss:20170813173346j:image

f:id:antwarpboss:20170813173435j:image

 「アスレジャー」をいち早く日本で提案したのは、アパレル大手ジュン。「ナイキ」と共に「ナージー」をスタートし、オリンピックが開催される2020年までに25店舗の出店と約70億円の売上目標を掲げている。渋谷にオープンした旗艦店では「ナイキ」のスポーツウェアに加えて、カーディガンやデニム、オールインワンといったオリジナルコレクションを加えることで幅広い"アスレジャー"スタイルを提案。担当者は「(アスレジャーは)日本ではまだまだこれから。弊社では単に"スポーツウェアを街着として着る"といった表層上のファッション提案ではなくアスレジャースタイル、ひいては本物のスポーツウェアに触れることでお客さまの"DO SPORTS"の意識を高めることを目的としている」と話し、スタッフの育成や併設するジムを活用したサービスなどで、"アスレジャー"の浸透に注力している。

 一方、男性に向けてこのスタイルを仕掛けようとしているのが大手「ユニクロ」だ。近年、自転車で通勤するビジネスマンの増加に伴いスーツにスニーカーや、ダウンジャケット、リュックを合わせることが一般化してきたことを受け、ビジネスシーンへのアスレジャー需要の広がりを期待しているようだ。また、背景には今秋から男性向け「ジョガーパンツ」がヒットしていることも大きいという。主力商材として防風・防寒・軽量化を実現したシームレスダウンといった機能的なアイテムを打ち出しており、「『アスレジャー』という言葉をそのまま使ってはいないが、"スポーツをファッションに"という形でコミュニケーションをWEB、店頭スタイリングなど行っている」という。

 すでに米国では「アスレジャー」ブームから「ナイキ」をはじめ、ヨガウェアの「ルルレモン(lululemon)」、「スケッチャーズ(SKECHER)」などが好調な売り上げを記録しており、一大市場に成長しつつある。一部ではノームコアに続く新しいトレンドとしても注目されており、日本でも今後は様々な企業が参入しそうだ。


アスレジャーとは?


アスレチック(運動競技)とレジャー(余暇)を組み合わせた造語。(athletic+leisure=athleisure)休日にジムでエクササイズするようなスポーツウェアを中心に構築されたファッションスタイルを指す。2000年の初めにヨガブランドである「ルルレモン」が発信したスタイルが原点と言われている。その後ナイキやアディダスといった大手スポーツブランド勢だけではなく、アパレルブランドが参入するホットな市場へと成長。

米の有力経済誌ウォールストリートジャーナルでも、アスレジャー市場の成長と背景について指摘されている。