読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
FASHIONを通して、毎日をハッピーに。 世界の人々にそんな毎日を届けたい。 そんな仲間の集まる会社の社長記録です。

今年はECが伸び悩む

新年初のブログ

f:id:antwarpboss:20170121004618j:image
 
2016年、破壊の年から2017年からは新たなゴールに向う年に。
 
 一昔前には『フィットや風合いは現物に触れないと解らないから衣料品のECには限界がある』と言われたものだが、カタログ通販やTVショッピングの衣料品は90年代半ばから急伸して08年にはECも加わって衣料品流通の9%を占めるまで広がり、16年には15.8%まで拡大している。近年はスマホの小さな画面で衣料品を購入する人が急増しているのだから、この懸念は杞憂だったのだろう。だからと言ってECがこれまでの勢いで伸び続け、衣料品流通の二割三割(15年度で9%強)を占めるようになるのだろうか。
 何度も指摘しているように、今年はトレンドサイクルの切り替えシーズンとなってデザインと装飾が復活し緩いフィットがニートに戻るため、久方ぶりに買い替え需要が期待できる反面、これまで何シーズンも続いてきた'定番'的商品の売上が細って新たなデザイン物に分散する。
 これまでアパレルのECが急伸して来れたのは、ほぼ6年も続いたベーシックトレンドのお陰でフィットや風合いを実見する必然が薄く、とりわけ過去3年は'ノームコア'旋風でフィットがすっかり緩くなった事もECでの購入を後押ししたと推察される。それが一転して新たなデザイン物が台頭しフィットも細くなるのだから、店頭に行って試してみないと購入に踏み切れなくなる。ゆえに『今年はアパレルECが伸び悩む』リスクが懸念されるのだ。
 アイテムが限定されフィットも仕様も安定したシングルライナーはともかく、コーディネイトやトレンドを訴求する大多数のブランドはこの変化に戸惑う事になる。店舗小売業にとっては反撃のチャンスとなり、ECアパレルにとってはフィットや風合いを実感出来るショールームストア展開の契機となるに違いない。久方ぶりのトレンド大転換は店舗販売とECの両者に転換を迫り、ショールームストアを軸としたオムニチャネル化が急伸する事になるだろう。
 
ファッションビジネスコンサルタント
株式会社 小島ファッションマーケティング
小島 健輔 より
f:id:antwarpboss:20170121004537j:image
 

年末のご挨拶

本年もANTWARPをご愛顧頂きありがとうございました。
2016年も残り1日となりました。

今年も沢山の方々にご愛顧頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。
来年も変わらぬご愛顧の程、引き続き宜しくお願い申し上げます。

年末休業期間
2016.12/31(土)~2017.1/3(火)

本年中のご愛顧に心より御礼申し上げますと共に、
2017年も変わらぬお引き立ての程、よろしくお願い申し上げます。

antwarp co.,ltdf:id:antwarpboss:20161231170331j:image

ザ・トゥルー・コスト~ファストファッション 真の代償~

ザ・トゥルー・コスト

ファストファッション 真の代償

これは衣服に関する物語で、私たちが着る服や衣服をつくる人々、そしてアパレル産業が世界に与える影響の物語だ。これは貪欲さと恐怖、そして権力と貧困の物語でもある。全世界へと広がっている複雑な問題だが、私たちが普段身に着けている服についてのシンプルな物語でもある。この数十年、服の価格が低下する一方で、人や環境が支払う代償は劇的に上昇してきた。本作は、服を巡る知られざるストーリーに光を当て、「服に対して本当のコストを支払っているのは誰?」という問題を提起する、ファッション業界の闇に焦点を当てたこれまでになかったドキュメンタリー映画だ。この映画は、きらびやかなランウェイから鬱々としたスラムまで、世界中で撮影されたもので、ステラ・マッカートニー、リヴィア・ファースなどファッション界でもっとも影響のある人々や、環境活動家として世界的に著名なヴァンダナ・シヴァへのインタビューが含まれている。またフェアトレードブランド「ピープル・ツリー」代表サフィア・ミニーの活動にも光を当てている。私たちは行き過ぎた物質主義の引き起こした問題に対して、まず身近な衣服から変革を起こせるのかもしれない。(C)TRUECOSTMOVIE

 

youtu.be

 

これは衣服に関する物語で、私たちが着る服や衣服をつくる人々、そしてアパレル産業が世界に与える影響の物語だ。これは貪欲さと恐怖、そして権力と貧困の物語でもある。全世界へと広がっている複雑な問題だが、私たちが普段身に着けている服についてのシンプルな物語でもある。

この数十年、服の価格が低下する一方で、人や環境が支払う代償は劇的に上昇してきた。本作は、服を巡る知られざるストーリーに光を当て、「服に対して本当のコストを支払っているのは誰か?」という問題を提起する、ファッション業界の闇に焦点を当てたこれまでになかったドキュメンタリー映画だ。

この映画は、きらびやかなランウェイから鬱々としたスラムまで、世界中で撮影されたもので、ステラ・マッカートニー、リヴィア・ファースなどファッション界でもっとも影響のある人々や、環境活動家として世界的に著名なヴァンダナ・シヴァへのインタビューが含まれている。またフェアトレードブランド「ピープル・ツリー」代表サフィア・ミニーの活動にも光を当てている。私たちは行き過ぎた物質主義の引き起こした問題に対して、まず身近な衣服から変革を起こせるのかもしれない。

 
 

監督:アンドリュー・モーガン プロデューサー:マイケル・ロス 製作総指揮:リヴィア・ファース、ルーシー・シーゲル
出演:サフィア・ミニー、ヴァンダナ・シヴァ、ステラ・マッカートニー、ティム・キャッサー、リック・リッジウェイ ほか
配給:ユナイテッドピープル 特別協力:ピープル・ツリー 協力:Dr.Franken
2015年/アメリカ/93分/カラー